RSS | ATOM | SEARCH
ジメジメの季節のご飯管理
さて、ジメジメ暑い日本の東京の夏です。
他の地域はいかがですか?


日本の夏は暑さをどうしのぐか…
よりも湿気とどう向き合うかが大事。



先日、R君のママがカビだらけになったオヤツ持ってきてくれました。

↑元はこれ


↑開封後にカビだらけ


開封前にカビ様がいたら穴や水分残しのトラブルでもありますが、開封後は季節や自宅の環境や保存環境にもよってカビの発生スピードは変わります、

特に防腐剤や保存料を使わない物は保管方法に配慮しなくてはならないので、オーガニック商品などはきちんとカビ様がはえます。

自然な食品です。
カビの生えない不自然な食品は私はあまり好みませんが、それでもカビが生えて酸化した食べ物はもっと怖いとも思っています。

この季節は湿気から来る
カビとダニとの向き合い方がポイントの季節。
ジメジメと気温が上がるので人も食中毒が増える季節ですよね


パンも常温だとすぐカビてますし、お菓子なども開けて数時間でサクサクパリパリのはずが…空気中の水を集めてしんなりフニャフニャに。
水分を吸収した所に気温が上がるとそれはもうカビ様は大喜び(°_°)

肉食やレトルト食や手作り食の子達も長時間の出しっ放しなどは危険ですよね。


と書くとやみくもに怖がる飼主さんもいますが…
みなさん自分の食でも同じですよね
普通に当たり前の管理をするだけ。


この季節に開けたポテトチップスをゴムで止めてそのまま置いておくと美味しく食べれるのはどれくらいでしょう

パンはどれくらいでカビますか?

作ったオカズを常温で保存して大丈夫?

ペットのお肉の管理は勿論、ドライフードの当たり前の管理をするだけです。


保存のワンポイント

●除湿剤やシリカを上手に使う
●部屋の湿度と温度をコントロールする
●湿度の高い季節は小分けにして冷凍したり冷蔵庫にしまう


冷蔵庫がなかった時代には保存料や防腐剤は画期的だったかもしれませんが、今は冷蔵庫がせっかくありますから安心して良いものが長く使えますね、


『じゃあ保存料入ってる物の方が良いじゃない』
と言う方はうちではなくて、そういった考えのお店へご相談下さい
相談先を間違えないように-_-

品質良いものを選び、しっかりと管理してあげてくださいね



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★







板橋区 上板橋&常盤台 



トリミングサロン ハッピースポア


オーガニックフード&生食用馬肉販売  食べる事を大事に考えるお店です


ペットホテル&保育なども♪





●オンラインショップ


●ホームページ

ホテルや保育の様子は↓
todays happy-spore





author:happykinoko, category:オーガニックフード, 10:25
-, -