RSS | ATOM | SEARCH
命を預ける
あ 先日天国へ行ってしまったこの事を書きましたがそれに関連したお話を。

会員の方にはいつも口うるさいお店だと思われていると思います。
細かい事を繰り返し確認して、余計なお世話ばかりうるさいなぁと…皆さん思われてますよねT_T


※写真と文章は関係ありません。お預かりの様子です。



でも命をお預かりする時に飼主さんは当たり前のように無事で帰ってくると思っていますが、私達はどの子にいつも何が起きるかわからないと思いながらお預かりしています。

そしてどんなに配慮しても全て予想通りにはいかないし、予想を超える行動をする子もいて、その時々でできる最善で動けるような心構えでいます。

昨日元気だから今日も元気とは限らない。

今元気だから5分後元気とは限らないのは犬も猫も人間もみんな同じでしょう?



どんなに気をつけて生きていても
どんなに配慮しても
どんなに頑張っても
いつ、どこで何が起きるかわからなくて、
私達は仕事でもあるので、落下させたとか怪我させたとか明らかに私達のミスでない限りは全ての責任は負えません。

日々の積み重ねで起こることや命である限り起こる病気の責任まで負う事ができないのは事実。

でも勿論私自身も動物が大好きですから気持ちもわかります。
何かあった時に私が飼主さんの立場なら冷静な判断ができるだろうか。
私自身も過去の経験で酷いホテルも沢山見て来たので自分の犬を人に預けられない…
飼主さん達と全く同じ気持ちなんです。

それでも生き物である以上、100%なんて絶対ならないから、そこだけ飼主さんとズレが生じます。



※写真と文章は関係ありません。お預かりの様子です。


日々の自分の飼い方を全て棚に上げて、何かミスをしたんじゃないかと叫んでしまう飼主さんもいるでしょう

今までハッピースポアのホテルやトリミングで死亡事故はありません。
でもこれまで働いた場所では何件も見て聞いて来ています。。

・お店のランで遊ばせてた子が突然発作起こして亡くなった
・お泊まりで吠え続けてた子が突然死した
・シャンプー中に突然引きつけ起こして亡くなった
・朝のチェックしたらクレートの中で亡くなってた
・送迎中にクレートの中で暴れてるなぁと思ったら亡くなってた
・突然何の前触れもなく次のチェックで亡くなってた



など。
亡くなる以外にも自分自身で怪我する事だってあります

ハッピースポアでもお泊まり中の怪我の前例はいて
・脱走したくてクレートの金属製の扉を破壊して噛んで折り曲げて歯が欠けた子
・暴れて叫んで爪で壁や扉を掘って爪を取った子
・トイレを拒否して膀胱炎になった子

などなど。

死亡事故がないのを
『まるちゃんが頑張ってるからよ』
なんて言う方もいますが、頑張って防げる事は当たり前に防いでいますが、たまたまなだけだと常に思っています。
生きてるんだから常に死ぬことは隣あわせで、体の中で起きてることは見えないし、何がいつ起きるかそんな事がわからないのが生きる命という事なんです

会員の説明にもありますが、病院でも発見できてなかったガンが突然破裂したとか…解剖したら心臓に小さな穴があったとか…開けてみなきゃわからないことが山ほどでそんなの私達でも限界があります。


また預けるのが可哀相で社会化させられないまま、飼主さんと離れて過ごす経験がないままのお泊まりは大きな負担になるのは当たり前。

過去にお泊まりをお断りした方の中にこんな方がいました。


13年間散歩させた事もなく、病院とトリミングしか家から出した事のない社会をしらない犬。
その子をどうしてもハッピースポアに預かって欲しいと来た方がいました。

トリミングも半年に1度で性格も掴みきれてないし、お店にも人にも慣れてなくて…うちのホテルは合わないと思うし、年齢的にも突然死とか本当にありますよ

と伝えても
『いえ、うちの子は元気なので大丈夫です』
しか言わない(°_°)
せめて数時間お試し預かりして慣らしたり様子見せてと言うと
『普段離れた事ないから可哀相。預けるのは当日だけがいい』
と。
そんな状況なら尚更お泊まりして体調崩すの心配だからと伝えると数日後に

『病院で健康診断してきました。元気だからお泊まりしても死なないし体調も大丈夫と言われました』

と(°_°)(°_°)
断固お断りして、大丈夫と断言するその病院に預けてください
と伝えると激怒されていました(°_°)



うちでは受けられません。



また足や腰のトラブルは遺伝や日々の積み重ねが殆ど。
お散歩へ行かず筋肉のない体、陽にも当たらず弱い骨格、負担を減らす暮らしをしていない(フローリング、ジャンプ、飛びつき、ソファやベッドの乗り降り)子は預かって5分後にヘルニアが出るかもしれません
明らかにモンローウォークの酷い子でどんなに警告しても何も改善しないままある日突然歩けなくなる子もいます。

フローリングに何が敷くとかインテリア的にできない…とか
お散歩は行けない…とか
元気だから(うちの子は大丈夫)…とか
ダイエットなんてできない…とか

できなくても全然構いませんが、飼主さんにしかできない日常の予防で改善する努力をせず、、、積み重ねてく負担の結果起こる身体のトラブルの責任を私達は負えません!
当たり前ですよ
そんな風にしてきたのに最後の所だけ人に預けて責任を丸投げなんてダメです

それを負うのも予防するのもプロの仕事!なんて間違った解釈です。

努力して全て改善する訳じゃないけれど、少しでもストレス耐性を強くしておく

ジャンプさせない、床にマットを敷く

様々なトレーニングをして向き合う努力が日々できるのは飼主さん。

何もやらずに犬猫にだけ負担をかけるなら、ずっと預けたりせず最後までその責任を持って、仮に移動のストレスで亡くなったとしてもどこでもいつでも連れて行くべきです。


前回のブログに書いた天国へ行ったフレブルのニコちゃん。
本当にママが頑張って通ってくれていたので、いつもと違う行動をみつけて気付ました。お泊まりも第2の家に来るくらい楽しく過ごしてくれる子でした
でも異変に気がつけてもどうにもできない事もあります。

やはりよく来てくれる子達は本人達も楽しんでお泊まりしていますし、お迎えに来るまでを満喫してくれますし、私達もその子の癖や行動パターンをある程度読めるので、半年に一度しか会わない子より当たり前にリスクは低いです。


お泊まりに慣れなくて、トイレができなくて、保育中に何度もトイレができるようにと慣らし、お泊まり本番で膀胱炎で血尿になったCちゃん。
それでも治ったらCちゃんのママは諦めずに慣らしを続けてくれて、今では普通にトイレもできて楽しんでお泊まりできるように成長した子もいます


※写真と文章は関係ありません。お預かりの様子です。


みなさん
自分の大切な犬や猫が命であることを忘れないでください


私達の責任は私達に落ち度がある場合です
私達は自分達がミスしたら当たり前に報告できる気持ちはあります。
『この人なら』
『ハッピースポアなら』
『仮に何か起きてもこの人の所でダメだったなら…』
と思える位信頼できなければ、うちはお預かりはお断りしています。
私達が嘘ついて隠蔽すると思うような相手なら預けない方が良いです。

そもそもそんな信頼関係が成立していなかったり、
どこでもいいから泊まれるところと
とりあえず近場のペットホテル

そんな感覚の飼主さんは今はいくらでもホテルもあるのですから他へお願いしています。
うちは積極的にビジネスとしてホテルを運営してる訳ではないので、是非とも他へ。

災害時の事も想定して頭数制限もありますから、本当に信頼して日頃から利用してくれる子の為にしてるサービスです。

そもそもは生食してる子がホテルで困らないようにと生食してる子を対象にホテルを始めたのがきっかけですから、どこでも良いと言う方はやはり他へ是非!

お泊まり中に、心配な子がいると何日も寝れないこともあるし、吠え続けて他を断られた子はどうにか落ち着けるようにお勉強させたり、ホテルがいない日にはホッとして帯状疱疹出たり、体調崩したり、クマができて頭もボサボサでフラフラの店長まるこを見た方は沢山いると思います。
やらない方が楽だけど、もしうちに来てる大切な可愛い子達が…自分の見てきたようなホテルへ預けられたらと思うと…リスクもあるし精神的にもとても大変なのに…辞めれないんですT_T
変態なんです(°_°)

でもこんな思いをしているのに、せっかくお泊まり慣れてストレス感じずに過ごせるようになったのに…次に来るのは1年後…あんなに寝ずに努力したのにまたゼロから寝ずにお勉強から始めるんです。
日頃から飼主さんが努力せずに犬猫に負担をかけて、私が寝ずに努力するっておかしくないですか?

猫も同じです。
猫の方が犬よりも部屋の中だけで過ごす事がほとんどで社会化できてないのでより警戒して細かい観察をしながらも…そっとしてとくという微妙なさじ加減をします。
猫についても仔猫の社会化合宿コースもあるので、柔軟に対応できる仔猫のうちに是非利用してみてください。(詳細は店頭にてスタッフに聞いてください)



みなさんが預けるのは生き物です
お人形ではない。
そして強いけれどとても脆い、簡単に消えてしまう脆い脆い命です。でもその脆さはトレーニングや食事や日常で少なからず強化できます。

お泊まり中はいつもいつも無事に帰すことが大前提で、少しでも落ち着いて楽しめるように。
そして変化に早急に対応できるように
…色々頑張っても誰にも何が起きるかわかりません
生き物ですから



だから
ハッピースポアの接客は距離の近い接客です(笑)
大切な命を預かる時に、距離感が邪魔なんです。
飼主さんがどんなに小さな変化でも教えてくて、頼りにしてくれて、小さな日常の様子を教えて貰う事がとても大事。
そして勿論、保育などで来れる時は沢山来て欲しい。
時間をかけて深く知るよりも、短時間でその子の環境や背景や飼主さんとのコミュニケーションを結んだ方がその子の事が沢山わかるんです。
だから本当に些細な事でも、なんでもないことでも教えて欲しい。
その為にどんなにうるさいと思われても笑われてもきになることは伝えます。

毎週くる子と月1でくる子では当たり前に毎週くる子の方が細かく色々わかります。
トリミングでも保育でも何度も来てくれる子達は、トイレのタイミングや表情など細かい変化は勿論、年齢や季節の変化なども気がつけるのは当たり前なんです。

丁寧さは犬や猫に向けさせて頂くので、飼主さんとは信頼の距離を縮めて、どんな事でも話してくれるように丁寧な接客よりもいかに早く色々語り合える仲になれるかどうかなんです(*^^*)
犬や猫たちの事がよく見えるのは犬猫のためにもなるし、お預かりする私達もよくわかる分安心が増えます。


命は強いけれど脆くて終わりがあるもの。
どこでも良いから預けたいという方は、違うホテルをお願いします。
どうしてもハッピースポアがいい!
この人達なら信頼できるという気持ちが無いならお預けはしない方が良いです


相変わらず気持ちのままに書いて長いですが…とても軽く考えてらっしゃる方が時々いらっしゃるのできちんと考えて欲しい。

改めて命を誰かに預けること
命や病気、防げるものと防げない事について考えてみましょう


預けた時は元気
でも1分後に何が起きるかなんて誰にもわかりません。
それが私達が向き合う命です。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★







板橋区 上板橋&常盤台 



トリミングサロン ハッピースポア


オーガニックフード&生食用馬肉販売  食べる事を大事に考えるお店です


ペットホテル&保育なども♪





●オンラインショップ


●ホームページ

ホテルや保育の様子は↓
todays happy-spore




author:happykinoko, category:-, 23:03
-, -