RSS | ATOM | SEARCH
遺伝子から読む犬の健全性2
『遺伝子から読む犬の健全性って何だろうう?
健全性を欠いた犬種に対するサービスの在り方、リスクマネジメント』




というイベントにパネリストとして出させて頂いて来ました



それについてのコラム2です。

サイズについて書きましたが、サイズに関連して歯列の問題もあります。
サイズを小さく小さくしていくと、歯列が乱れる子たちが沢山います。
人間も同じで顎や顔が小さく未発達になると歯が収まりきらなくて歯並びが乱れたり顎の形が変わります。

これは無理な小型化だけではなく、硬いものを食べる云々の他に食べ物も影響すると私は考えています。
これは原住民学などを調べるとわかると思うので今回は端折ります。

今も昔も犬や猫を見るときに歯列チェックをします。
市場やショップでも値付けしたり健康チェックするときに必ず歯を見ます。

それで、アンダーだの顎が小さいだのあれこれ見て値段をつけたりしていますが、歯列はその子の価格を決める価値ではなくて、繁殖をチェックし、飼主になる人に報告すべき大切な事です。



そして考えて見てください。
顎が小さく未発達になると歯が収まり切らないことがあるなら、脳みそはどうなるのでしょうか。


無理な小型化は体全体のバランスや作りや動きをめちゃくちゃにしてしまう可能性があると思いませんか? どうしてもこういう話になると、人間は自分に置き換えてしまい

『歯並びが悪いとダメなの?私も悪いんですけど!』
と喧嘩越しになってそんなの気にしない人が優しいかのように振る舞う人がいます。



私の歯立派でしょー

先にも言ったとおり、その子の価値には関係ありません。
その子はそれでも生きていくし、歯並びが悪くても生きて行けます。

そこではなく、そういう子を数多く生み出す繁殖なら何か問題があるぞというサインなんです。
そこをきちんと見て判断していく必要もあります。

人間の話をしているのではありません。
それな気になるならそれは自分たちの生活や食事を見直したり調べてくださればよい話で、犬や猫たちの未来に関わる話なんです。

こんなポイントも擬人化されてしまうので、問題ポイントが年々話しにくくなってしまいます。
生まれて来たその子にダメな烙印を押すのではなく、その繁殖、その親に無理はないか…安全で未来の犬や猫の世界を乱し、苦しみを生み出す繁殖ではないかを見る目安なんです。

人間の歯列?
知りませんよ。
人間は歯科矯正もあるのだし、そこで自分たちの食事やその前の世代の食や暮らしを見直す人はほとんどいません。
それは自分達で考えて調べて見てください。
歯列矯正でも性格や行動まで変化すると言われていますが、その先は専門家の方の書物でも読んでご自身勉強すればよいと思います。


厳しい文章になりましたが、ただ可愛いではダメです。
みんな可愛いのは当たり前なんですから。



最近は猫ブームで繁殖が乱れてると思ってみています。
仔猫なのに腎不全の子の相談が多かったり、とにかく顔の幅が小さく顎が小さい!

人間もどんどん小顔が美しく、良いとされて来ていますが、どうなんでしょう。私は面接でも顎の発達をよく観察してしまいますが(^_-)


わからない事などはいつでもお気軽にご相談くださいね
「家族募集中ワン達」

おとめ

甘えたいのにお口が出てしまうので歯の処置をしています。スタッフのお家で家庭トレーニングもして分離不安も落ち着いてきて口が出るのもだいぶなくなりました。とっても可愛い女の子です☆是非会いにきてね!




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
板橋区 上板橋&常盤台 

トリミングサロン ハッピースポア

オーガニックフード&生食用馬肉販売  食べる事を大事に考えるお店です
ペットホテル&保育なども♪
●オンラインショップ
●ホームページ



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












author:happykinoko, category:社会問題としてのペット, 14:44
-, -